これからのマンション選びを考える。「希望立地に中古で住む」

2004.9.21

最近マンションを購入される方の中で、中古マンションを選ぶ方が増えているようです。

今、都心の超高層タワーマンションや駅近の大規模マンションがが売れているのは、ニュースで知っての通りだと思いますが、 そんな中どうして中古マンションを今選ぶ方が増えているのか考えてみる事にしました。

立地条件

マンションを選ぶ際に、重要なポイントとして 「立地条件」があります。
これは、入居される方それぞれニーズが違ってくるはずです。 駅から近いところ、職場に近い所、家族に近い所等、どれを一番重視するかによって選び方が変わってきます。 その中で、多くの方が重要視していることは、「交通の利便性」ではないでしょうか。
新築のマンションは、近年の土地状況により駅から離れた物件が多いのが現状だったのですが、近年再開発などで優れた立地条件の土地にマンションを建設する事が出来、それが昨今の販売好調に結びついているのでは無いかと考えます。 しかし、このような再開発マンションは、競争率が高く手に入れるのはかなり困難なのが現状では無いでしょうか。
そこで、中古マンションが良い選択肢となってきます。

選択肢の広がる中古マンション

希望する立地にどのくらいの中古物件があるかは、実際に地元の不動産屋さんへ足を運ぶのが良いですが、近年ではネットでもこちらのサイトなどで、全体の状況はつかむ事が出来ます。
思いも寄らない好物件が売りに出されているのに驚きます。

リフォームなら内装は自由自在

こうした中古物件を購入し自分のライフスタイルに合わせた間取りにリフォームしても、新築分譲マンションを購入するよりもトータルコストが安い場合があるのです。
そしてなんといっても、室内を自分の自由に設計出来るのが、リフォームの醍醐味でしょう。 利便性の高い立地に個性的な室内を構築して暮らす、そんな夢のような生活が中古マンションで可能になります。

利便性の高い土地は価値が下がりづらい

資産価値からも、有利になる場合があります。
数年後の値下がり率が地域により 異なる事が有り、値下がり率の低い場所に買った中古物件が、数年後には郊外の新築物件を追い越す可能性があるのです。 将来の資産価値としてとらえた場合も、この選択肢は、見逃せないところです。

中古不動産を取り巻く税金や融資の状況は、今後発展して行くと思いますので、新聞や専門誌などで要チェックです!

新しい動きがありましたら、またこの場で報告させて頂きたいと思います。

2004.9.13(K)

マンションリフォームのREC会社概要施工事例問合せフォームその他

お問合せ:postmaster@re-c.com

----------  RE-Control  ----------